Shuhei Kagawa

読んだけど忘れてた本

@2008-08-24 21:59 - 読書

ちょっと前まであまり本を読んでいなかったのですが、最近また読み始めました。
まずは、だいぶ前に読んだ本をメモ。
軽めの本が多いのは、重めの本はなかなか読み終わらないからです。

Java Swing Hacks

網羅的ではありませんが、Swing の奥深さを感じます。
これで Java が少し楽しくなりました。

イノベーションの達人!

最後まで読んでませんが。

  • 人類学者、実験者、花粉の運び手、ハードル選手、コラボレーター、監督、経験デザイナー、舞台装置家、介護人、語り部。
  • プロトタイプ製作の基準を下げることの価値。
  • 紙一枚のプロトタイプ(薄型テレビ)。
  • かならず二個以上のプロトタイプ。
  • 非フォーカス・グループの活用(開発しようとしている製品やサービスに異様に熱中している人々を招く)。
  • ネーミングの力。
  • 会議はオープンな場所で行う。
  • たいていの人は自分の本業とは別に、さまざまな才能や技能を持っている。
  • パワーアップ(昼寝)。
  • その経験は平凡か非凡か?常に問う。
  • 経験コレクター。
  • IDEO と スチールケースの電子式会議室予約装置「ルームウィザード」

残業ゼロの仕事力

残業ゼロ、目指します。

  • 残業ゼロ。
  • 残業は問題を隠蔽する。
  • デッドラインは厳守。
  • 会議には徹底的なたたき台。
  • TTP(徹底的にパクる)。
  • 会社での八時間を懸命に働くのはあたりまえである。あたりまえでないのは、会社が終わってからの時間をどう過ごすかである(土井敏夫「経営の行動指針」)。
  • がんばるタイム(12:30-14:30は私語、電話、移動禁止で徹底的に集中)。

御社の「売り」を小学5年生に15秒で説明できますか?

広告の本かと思いましたが、後半は半分著者の人生論になっています。

  • メッセージとはたったひとりのためのもの。
  • 本心。
  • 誰にでも売りたい商品は、誰も買わない商品。
  • 最大の敵は作り手が飽きること。