Shuhei Kagawa

文化庁メディア芸術祭2009

@2009-02-14 10:02

文化庁メディア芸術祭に行ってきました。最終日前日だからか、かなりの混雑。映像作品はほとんど見られなかったものの、他は比較的スムーズに見ることができました。
印象に残ったのは以下。

Moment – performatives spazieren(田口行弘)

入口付近にあった、板が街の中を移動して行く連続写真。これが一番面白かったです。ハイテクでも何でもありませんが。
板のクローズアップでシーンを切り替えるのはテレビ的?

デジタルアナログ時計。野原に材木でデジタル時計を組み上げ、リアルタイムに時刻を表示していくというもの。以前ネットで見ましたが、やはり面白い。こういう体をはったものが好きです。

Oups!(Marcio AMBROSIO

アート部門の大賞。カメラに映った人の映像に画像処理をかけて、スクリーンに投影。顔にカボチャ、重心からオブジェクトなど。
あまり新しいとは思えないけど人気でした。普遍的な面白さがありますよね。あとはコンテンツが違えば違うんでしょうか。ディスブレイとマウスを使えば何でも一緒かというと、そうではないですもんね。
カメラ近傍からライト。影できないように。

3Dメガネで影の立体視

シンプルなアイデアがいい感じですが、そこまでは面白くなかったです。応用に期待。

缶のポイ捨てされてから朽ち果てるまで

50年。リアルで良かった。最近のCGはすごいですね。ああいうのやってみたい。Blenderでもできるんでしょうか。

総評

メディア芸術祭、存在は以前から感じていましたが足を運んだのは初めて。
バレンタインデーだからかオサレ系?の展覧会だからか、きれいな人が多い気がしました。おわり。