Shuhei Kagawa

Navigation-based Application に TabBar を追加

@2009-11-07 17:53

iPhone プロジェクトの新規作成時に “Navigation-based Application” を選んだ場合に、後から TabBar を追加する方法です。
InterfaceBuilder での設定が画像入りの説明なしではよくわからず、苦戦したのでメモしておきます。

InterfaceBuilder の設定

Tab Bar Controller の追加

まず、InterfaceBuilder で MainWindow.xib を開きます。
Navigation Controller を削除して Tab Bar Controller を追加します。

Tab Bar Controller の下に Navigation Controller を

Tab Bar Controller にフォーカスをあて、Inspector の一番左のタブ の “Tab Bar Controller” => “View Controllers” の中で Navigation Controller にするタブの Class を Navigation Controller に変更します。

すると、IB のメインウィンドウの方の Tab Bar Controller の子供の Controller の Type が UIViewController から UINavigationController に変わっているはずです。

Navigation Controller の下に Root View Controller を

この Navigation Controller のさらに子供の View Controller が、もともとの Root View Controller になるよう設定します。
一番左側のタブで NIB Name を、Inspectorで一番右側のタブで Class を設定します。


以上を保存して IB を閉じます。

コードの修正

Xcode に戻って AppDelegate を変更し、UINavigationController ではなく UITabBarController を読み込むようにします。
以下、アプリケーションの名前を Hoge だったとして、 HogeAppDelegate.h と .m を編集します。

HogeDelegate.h

@interface HogeAppDelegate : NSObject  {
  UIWindow *window;
  UITabBarController *tabBarController;
}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet UIWindow *window;
@property (nonatomic, retain) IBOutlet UITabBarController *tabBarController;

@end

HogeAppDelegate.m

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {
  [window addSubview:[tabBarController view]];
  [window makeKeyAndVisible];
}

synsthesizedealloc 中の release も忘れずに変更します。

App Delegate の Outlet のつなぎ変え

これまで App Delegate で UINavigationController を参照していたのを UITabBarController に変えたので、Outlet の設定が切れています。
再度 Interface Builder に戻って App Delegate の Outlet をつなぎ直します。

これで、Tab Bar Controller の下に Navigation Controller と View Controller、Navigation Controller の下に Root View Controller という構成になっているはずです。